横浜の脳梗塞リハビリ施設をリアルに調査!  » 保険が適用できる脳梗塞リハビリの病院・施設リスト » 横浜市立大学附属病院

横浜市立大学附属病院

横浜市立大学附属病院の特徴・口コミ評判、脳梗塞リハビリのメニュー・料金、対応エリア・営業時間などをまとめています。

横浜市立大学附属病院の特徴

長い経験と実績があるリハビリテーション科

横浜市立大学附属病院のリハビリテーション科は、1968年に開設の開設以来、横浜市内・神奈川県内の多くの医療機関との連携を取りながら、近隣自治体の介護福祉行政との協力体制を保ってきています。

急性期から慢性期までの一貫したリハビリでは、医師による身体機能評価・患者別ゴール設定・治療計画を行い、リハビリテーション処方をした後は専門スタッフ・看護師が治療とサポートを担当します。医師以外の専門職は理学療法士14名、作業療法士7名で、リハビリテーション科5床での入院リハビリのほか、外来患者も受け入れています。

横浜市立大学附属病院のリハビリテーション科は、1968年に開設の開設以来、横浜市内・神奈川県内の多くの医療機関との連携を取りながら、近隣自治体の介護福祉行政との協力体制を保ってきています。

難しい症例への取り組み

横浜市立大学附属病院のリハビリテーション科では、多くの合併症を持つ脳卒中患者のような、一般医療機関では対応が困難な場合がある症状に対しても、高度な治療を提供しています。小さい子どもから高齢者まで、脳卒中や外傷による術後の早期離床まで、幅広い年齢層・あらゆる疾患に対応できる強みがあります。

また、高齢者の脳疾患・頸髄損傷に伴う重度の痙縮や、片麻痺・脳性麻痺といった後遺症に効果的と言われている、ボツリヌス菌を注射する「ボトックス治療」や、痙縮を和らげる薬を脊髄に直接投与する事で高い効果が得られる「 ITB(髄腔内バクロフェン療法)」を用いたリハビリ診療も行います。

横浜市立大学附属病院の口コミ・評判

横浜市立大学附属病院の脳梗塞リハビリのメニュー・料金

※料金は公式ホームページに記載がありませんでした。

横浜市立大学附属病院の施設情報

所在地 神奈川県横浜市金沢区福浦3-9
アクセス シーサイドライン「市大医学部駅」より徒歩約1分
対応エリア 記載なし
電話番号 045-787-2800
営業時間 9:00〜16:00
定休日 土曜・日曜・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)

♦脳梗塞リハビリのリスクについて

リハビリを行う際、転倒して負傷する可能性があります。運動の強度にかかわらず、リハビリを受ける際は、必ず指導員の指示に従ってください。

♦脳梗塞リハビリの費用・期間について

病院でリハビリを受けた場合、入院1日あたり保険が適用されて2000円程度、保険が適用されない自費の施設でリハビリを受けた場合は、1回あたり1万8000円程度が一般的と言われています。 リハビリの期間や回数は、個人の症状によって異なるため、各病院・施設に直接お問い合わせください。

               サイドバー        

横浜市在住のアラフォー独身男子。1年前、リタイア生活を満喫していた父が突然脳梗塞を患い、右半身に麻痺が残る。以来、母を加えた“三人四脚”の介護生活に突入。車いす生活を余儀なくされた父に、趣味のゴルフを再開してもらい、一緒にラウンドするのが夢。

       「自費のリハビリ施設に行ってきました」を見る