横浜の脳梗塞リハビリ施設をリアルに調査!  » 保険が適用できる脳梗塞リハビリの病院・施設リスト » 横浜市立みなと赤十字病院

横浜市立みなと赤十字病院

横浜市立みなと赤十字病院の特徴・口コミ評判、脳梗塞リハビリのメニュー・料金、対応エリア・営業時間などをまとめています。

横浜市立みなと赤十字病院の特徴

全科対応のリハビリテーション

横浜市立みなと赤十字病院のリハビリテーション科では、怪我や病気により低下した身体の機能や能力を改善し、社会参加や生活をより豊かにするための訓練を行います。小さい子どもから超高齢者まで幅広い年齢層の患者と、脳血管疾患・運動器・呼吸器・がん患者といった、多岐にわたる後遺症の改善に対応しています。医師1名の他に、理学療法士19名・作業療法士9名・言語聴覚士4名と各認定資格を持ったスタッフが在籍をしており、急性期リハビリから、様々な医療職との連携を図りながら、高度な治療を行います。

各療法部門のきめ細かい治療

リハビリテーション科には3つの部門があり、それぞれの専門家が後遺症の程度に合わせて適切な訓練を行います。理学療法部門では、運動療法、物理療法、基本的な動作の練習を繰り返し行います。部門内でさらに「整形外科疾患・消化器疾患グループ」と「脳卒中などの神経疾患・呼吸/循環器疾患グループ」を分けて担当することで、よりきめ細かい治療が可能となります。 作業療法部門では、入院や手術後間もなくリハビリを開始することで、早期機能改善・社会復帰を目指します。 言語聴覚療法部門では、「失語症・構音障害」、注意や記憶が困難になる「高次脳機能障害」、食べること・飲み込むことが困難な「摂食・嚥下障害」の患者のリハビリを行います。

横浜市立みなと赤十字病院の口コミ・評判

横浜市立みなと赤十字病院の脳梗塞リハビリのメニュー・料金

※公式ホームページに料金の記載がありませんでした。

横浜市立みなと赤十字病院の施設情報

所在地 神奈川県横浜市中区新山下3-12-1
アクセス 横浜駅各線からバスにて約30分、根岸線桜木町/根岸駅/関内駅からバスにて約20分
対応エリア 記載なし
電話番号 045-628-6100
営業時間 9:00〜
定休日 土曜・日曜・祝日、12月29~31日、1月2・3日

♦脳梗塞リハビリのリスクについて

リハビリを行う際、転倒して負傷する可能性があります。運動の強度にかかわらず、リハビリを受ける際は、必ず指導員の指示に従ってください。

♦脳梗塞リハビリの費用・期間について

病院でリハビリを受けた場合、入院1日あたり保険が適用されて2000円程度、保険が適用されない自費の施設でリハビリを受けた場合は、1回あたり1万8000円程度が一般的と言われています。 リハビリの期間や回数は、個人の症状によって異なるため、各病院・施設に直接お問い合わせください。

               サイドバー        

横浜市在住のアラフォー独身男子。1年前、リタイア生活を満喫していた父が突然脳梗塞を患い、右半身に麻痺が残る。以来、母を加えた“三人四脚”の介護生活に突入。車いす生活を余儀なくされた父に、趣味のゴルフを再開してもらい、一緒にラウンドするのが夢。

       「自費のリハビリ施設に行ってきました」を見る