横浜の脳梗塞リハビリ施設をリアルに調査!  » 保険が適用できる脳梗塞リハビリの病院・施設リスト » リハテーラー

リハテーラー

リハテーラーの特徴・口コミ評判、脳梗塞リハビリのメニュー・料金、対応エリア・営業時間などをまとめています。

リハテーラーの特徴

車椅子の方でも参加できるリハビリ

リハテーラーでは脳卒中/脳梗塞・難病・術後・骨折後などの様々な理由で体が不自由になってしまった患者の、「もう一度歩けるようになりたい」という想いをサポートするリハビリメニューを提供しています。

療法士による的確な身体評価のもと、個人の生活に合わせた目標を設定することで、運動能力の向上を目指します。集団訓練は行わず、経験豊富なスタッフが一人一人に合った訓練を行い、レクレーションなしの機能訓練に集中できる環境づくりにも務めています。また車椅子の利用者の受け入れも行っており、トイレ介助などの心配もいりません。

丁寧な聞き取りとメニューの再評価

リハテーラーのリハビリの流れは、丁寧な問診からスタートします。現在に至るまでの病状経過・生活状況などに加え、普段の生活環境や現在の身体状況、訓練を行う上での最終目標や目的などを、じっくりと時間をかけてヒアリングを行うのが特徴。

その後、「筋力・柔軟性・麻痺の程度・バランス能力・歩行能力」を細かくチェックしていき、個人個人に合わせたリハビリメニューを作成していきます。また身体的な角度からだけではなく、精神面や患者の想いを汲んだきめ細やかなサポート体制、リハビリの途中でのメニューが適切かどうかの確認なども行います。

リハビリをベースにしたデイケアサービス

リハテーラーでは介護認定を受けている場合、デイサービスの利用もできます。介護保険の認定内容8段階に応じたケアプランを、専任のケアマネーシャーが作成をします。要介護1〜5の場合は「介護サービス(介護給付)」、要支援1・2の場合は介護予防サービス(予防給付)」が利用できます。

3時間というサービスの時間のすべてを使ったリハビリトレーニングは、理学療法士や作業療法士が対応する量と質の両面を兼ね揃えた内容となっており、退院した翌週からでも利用できるのがポイント。充実したリハビリ中心のサポート内容は、動作能力を落とさずさらなる向上を目指したい人にオススメです。

リハテーラーの口コミ・評判

※口コミはありませんでした。

リハテーラーの脳梗塞リハビリのメニュー・料金

※公式ホームページに記載がありませんでした。

リハテーラーの施設情報

リハビリセンター都筑北店

所在地 神奈川県横浜市都筑区牛久保西1-1-35 ソレイユ請地B1F
アクセス 横浜市営地下鉄グリーンライン「センター北駅」より徒歩約9分
対応エリア 記載なし
電話番号 045-479-4799
営業時間 9:00~12:05/13:25~16:30
定休日 日曜

リハビリセンター都筑北店

所在地 神奈川県横浜市都筑区富士見が丘1-40プレーリーエトワール102
アクセス 横浜市営地下鉄グリーンライン「都筑ふれあいの丘駅」より徒歩約5分
対応エリア 記載なし
電話番号 045-479-4799
営業時間 9:00~12:05/13:25~16:30
定休日 日曜

♦脳梗塞リハビリのリスクについて

リハビリを行う際、転倒して負傷する可能性があります。運動の強度にかかわらず、リハビリを受ける際は、必ず指導員の指示に従ってください。

♦脳梗塞リハビリの費用・期間について

病院でリハビリを受けた場合、入院1日あたり保険が適用されて2000円程度、保険が適用されない自費の施設でリハビリを受けた場合は、1回あたり1万8000円程度が一般的と言われています。 リハビリの期間や回数は、個人の症状によって異なるため、各病院・施設に直接お問い合わせください。

               サイドバー        

横浜市在住のアラフォー独身男子。1年前、リタイア生活を満喫していた父が突然脳梗塞を患い、右半身に麻痺が残る。以来、母を加えた“三人四脚”の介護生活に突入。車いす生活を余儀なくされた父に、趣味のゴルフを再開してもらい、一緒にラウンドするのが夢。

       「自費のリハビリ施設に行ってきました」を見る